More lawsuits could be in the offing since probes by state attorneys general into Google’s broader businesses are under way, as well as an investigation of its broader digital advertising businesses. A settlement left the company intact, though the government's prior foray into Big Tech anti-trust - the 1974 case against AT&T - led to the breakup of the Bell System. The lawsuit marks the first time the U.S. has cracked down on a major tech company since it sued Microsoft Corp. for anti-competitive practices in 1998. The government said Google has nearly 90% of all general search engine queries in the United States and almost 95% of searches on mobile. The United States sued Google on Tuesday, accusing the US$1 trillion company of illegally using its market muscle to hobble rivals in the biggest challenge to the power and influence of Big Tech in decades. The European Commission has sent in February 2010 a Statement of Objections to a number of companies concerning their alleged participation in, 101 of the Treaty on the Functioning of the European. See here for a complete list of exchanges and delays. The Group and its employees will avoid business practices (establishment of cartels. Absprachen mit Wettbewerbern über Preise und Bedingungen, sind unzulässig. The new European data protection law requires us to inform you of the following before you use our website: We use cookies and other technologies to customize your experience, perform analytics and deliver personalized advertising on our sites, apps and newsletters and across the Internet based on your interests. He says "People use Google because they choose to, not because they're forced to, or because they can't find alternatives. Please enable cookies on your web browser in order to continue. ・希望小売価格よりも安い価格で販売している小売業者への出荷を停止、もしくは減少する, 希望小売価格が再販売価格拘束と認められると、事業者(メーカー)に対し独占禁止法違反として課徴金納付命令(独占禁止法20条の5)が科されることになります。, しかし、実際のところ、希望小売価格はあくまでもメーカーが提示している「希望価格」に過ぎず、自由な価格設定が保証されていると考えて間違いありません。, また、「流通・取引慣行ガイドライン」には、実店舗とECサイトとで再販売価格拘束該当性に関する指標は異ならないことが明記されています。, 販売価格について何らかの指示がメーカーからされた場合、再販価格維持に抵触する可能性が高いので、メーカーに確認することが肝心です。, メーカーの指示に従った結果不当に高い値段設定となり消費者が購入を踏みとどまる事態になっては、小売業者にとってダメージが大きくなってしまいます。, しかし、その一方で、メーカーの指示を違法として無視した場合、仕入れができなくなる恐れも生じます。, 残念ながら、独占禁止法に関する知識や関心が低いメーカーは存在します。違法と疑われるような行為があった場合は、メーカー側の担当者に真意を質してみましょう。, 一方、メーカー側としては、流通業者を介さないダイレクトマーケティングを行うことも一つの方法として検討するべきでしょう。そうすれば、小売業者によって商品が安売りされることを防ぐことができます。, 先にも触れましたが、新刊の書籍や新聞などは、独占禁止法の中で再販売価格維持行為が例外的に認められています。書籍の「再販制度」は良く耳にする言葉ですが、この制度により全国どこでも一律の価格(定価)で購入することができます。, 書籍を発行している出版社や新聞社が小売店に対して販売価格を拘束することは、例外的に認められています。これを著作物の再販制度(再販売価格維持制度)と呼びます。, 著作物に再販制度が認められている理由は、簡単に言えば「書籍を扱う小売店が自由に価格設定を行うことを認めると、消費者が不利益を被る」と考えられるからです。, 小売店が書籍の価格設定を自由に行える場合、消費者は以下のデメリットを被ると考えられています。, 書籍の流通量は膨大です。現在では、60万点の書籍が常に市場に流通しています。その中でも新刊書籍は毎年65,000点も発行されています。消費者が専門的な書籍から一般書籍まで、トレンドに偏らずにあらゆるジャンルから本を選ぶことができるのは、再販制度によって価格が安定しているからです。, 専門書籍は一般の書籍に比べ利用者が限られます。需要が少ないからといってその価格を下げてしまうと、出版社や著作者は製作コストがかけられなくなるので、結果として専門性の高い書籍は流通しなくなってしまいます。, 価格が不安定な場合、どうしても人口の多い都市部に比べ地方の方が書籍の値段が高くなりがちです。こうなると消費者にとって不公正が生まれてしまいます。, 一般的な商品と同じように価格競争が行われれば、専門書籍を扱う書店の需要は減少し、売れるトレンド書籍を扱う書店ばかりに偏ることになります。, 著作物には定価があるため、消費者は値段を選択することができません。そのため、高すぎるのではないかと疑う声もあることでしょう。, 一般的な商品の価格は、消費者物価指数で見ると1975年から1998年までに2倍近く(1.85倍)上昇しています。しかし、著作物は同じく1988年までで1.28倍の上昇に抑えられています。, 著作物には競争原理が働かないかと言えば実はそういったことはなく、出版社間での価格競争にさらされています。消費者物価指数の上昇が抑えられていることからもそれが分かります。, 「本が売れない」「返品の山」といった出版業界の窮状を耳にしたことがあるかもしれません。また、多くの方は書籍が再販制度に守られていることで供給量が需要を上回っているのではないかと考えるかもしれません。, 書籍は返品されたからといって全てがゴミとして処分されるわけではありません。注文数の変動により、返品された書籍を再度出荷することも少なくないのです。, さらに、古書ルートを通して販売される場合もあります。その場合は、小売店が自由に価格を設定することになります。, 米国をはじめとする諸外国では、著作物に対しての再販制度をすでに廃止し、小売店が自由に価格設定が行えるように制度変更されています。, 日本でも過去に再販制度廃止に向けた議論がされましたが、公正取引委員会は著作物の文化的・公共的な役割を理由に2001年に制度の維持を決定しています。, ただ、今後議論が深まれば、一部の著作物に対しては自由に価格設定が可能な「部分再販」や、ある程度の期間が過ぎた書籍は自由に値段を設定できる「時限再販」など、制度の見直しがされる可能性はあります。, 企業としてコンプライアンス意識を持つことは、今や当たり前となってきています。知らないうちに独占禁止法違反行為を行ってしまった場合でも罰則が科されることに違いはありません。罰則を一度でも受けてしまうと、社会的な信用が崩れてしまいます。そうなっては、もう企業活動どころではありません。, そうならないためにも、常日頃から流通・取引慣行ガイドラインを確認したり、相談事例集を読むなりして独占禁止法に馴染んでおきましょう。, ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。

The Justice Department lawsuit could lead to the break-up of an iconic company that has become all but synonymous with the internet and assumed a central role in the day-to-day lives of billions of people around the globe. US sues Google for antitrust law violations, eyes breakup Web Desk October 21, 2020 The United States sued Google accusing the company of allegedly abusing … “It’s like locking the proverbial door after the horse has bolted,” said Neil Campling, head of tech media and telecom research at Mirabaud Securities in London, who added Google has already invested billions of dollars in infrastructure, technologies and talent.